連載

【連載】投資対効果を考える

投資対効果は売上向上と経費削減で考える プロジェクト企画署に記載する投資対効果について検討することにした。 投資対効果のシミュレーションをするにあたり、現状の業務から新業務へ移行することで、業務効率があがるポイントを整理した。 業務効...
連載

【連載】パートナーを選定する

パートナー企業を選定する IT開発するパートナー会社を選定することにした。既存システムの保守をしているパートナー企業もいるが、不満はないが満足もしていないこともあり、他社と一緒にコンペには参加してもらうことにした。 契約は要件定義フェー...
連載

【連載】ゴールを想像して描く

ゴールを想像する 山田マネージャーと佐々木マネージャーは、D社小林とのディスカッションで「ゴールを想像してください。全ての仕事に関係することですが、ゴールの姿が見えていなければ成功することは難しいです。そして、お二人が作成しようとしている計...
連載

【連載】プロジェクト計画書の作成開始

企画書を作成する 取締役会、経営会議でオムニチャネル戦略を推進するプロジェクトを発足させることは決定したが、どのようなプロジェクトとして実施していくかについてはプロジェクト計画書を策定して決定することになった。山田マネジャーと佐々木マネジ...
連載

【連載】情報統合戦略 ~ERPとオムニチャネル戦略~

はじめに ERPの考え方とオムニチャネル戦略の導入を通じてIT経営に改革する企業を小説風にしてみました。企業(情報システム部)の視点で書かれています。意図は、ITパートナー視点だと、プロジェクトマネジメントになってしまい、プロジェクトの導...
オムニチャネル

オムニチャネル時代の機会損失と不動在庫をなくす適正在庫管理法

オムニチャネルの在庫管理は在庫切れが前提? オムニチャネルの記事を検索してみると、店舗とECの在庫連携が重要で、オムニチャネル=在庫連携と説明している内容もあった。理由は、在庫が無いのにECで販売してしまわないようにするためである。店舗で...
経営管理

RFM分析で効果的なマーケティングをしよう!

RFM分析とは? RFM分析とは、顧客分析の手法で、Recency(最後に購入した日からの経過日数)、Frequency(購入回数)、Monetary(購入金額)の3つの要素で、顧客をセグメントわけをして管理をすることです。RFM分析は、...
経営管理

ABC分析で効率的な販売をしよう!

ABC分析とは? ABC分析はお聞きになったことはあると思います。ABC分析とは「重点分析」とも呼ばれていて、Aランク、Bランク、Cランクに分けて分析する方法です。基本的な考え方は、重点分析とあるようにAランクを中心に考えられています。A...
経営管理

オムニチャネル時代に勝ち続ける経営分析をはじめよう!

なぜ、経営分析が必要なのか? 「経営は勘だ!」と言われる人がいます。わたしも、そう思う事があります。幾ら分析したところで、限られた情報で分析することになりますし、分析しても100%の的中率になるわけではないからです。また、分析と「勘」が同...
オムニチャネル

【必読】オムニチャネルの恩恵を最高に享受するには?

オムニチャネルの誤解 オムニチャネルが小売の主流となり、店舗・ECともに厳しい状況になっていきます。大手小売は、資本力を活かした大規模なIT投資をして、更なる優位性を確立しようとしています。セブン&アイのオムニチャネルは、グループ各社を融...
タイトルとURLをコピーしました