連載

【連載】ヒアリングをまとめて全体像を描く

ヒアリング結果をまとめる ヒアリング結果をもとに、全体像を描くことにした。 D社小林「まずは、S社の全体業務の流れを記載してみてください。最初は詳細は不要です。全体的な観点で大丈夫です。いきなり詳細をまとめると、嫌になってきてしまい...
連載

【連載】商品管理とバイヤー体制

バイヤーによる商品管理S社は、セレクトショップである。S社で取り扱う商品は、S社コンセプトを基準に他社も扱う商品もあれば、S社しか扱っていない商品もある。このコンセプトが、S社のオリジナリティになっている。流行りものは、お客様を呼び、定番商...
連載

【連載】SCM(サプライチェーンマネジメント)で仕入先との関係強化を図る

取引先との関係強化とSCM S社に限ったことではないが、バイヤーが商品を探し仕入数を交渉しているが、在庫数は仕入先の都合にも左右される。仕入先もビジネスであるため、S社が独占しているわけではないので、必ずしも満足する回答が得られるわけでは...
スポンサーリンク
連載

【連載】自社のオムニチャネルを考える

S社のオムニチャネルを定義する オムニチャネルをテーマに議論することになったが「店舗とECの融合だろ!」「ネットで検索したら店舗に誘導するとあったぞ。」オムニチャネルについて議論が発散してしまった。 そこで、S社のオムニチャネルの定義を...
連載

【連載】ベンダーには何を求めるか?

ベンダーには何を求めるか? 山田は、ベンダー選定にあたり、田中部長から「プロジェクトはベンダーに任せて、ベンダー管理をすれば良い」と言われた。 しかし、山田には若かりし頃のベンダーにいた時の経験から、あの時のような仕事では、期待に応えら...
連載

【連載】アーキテクチャを甘く見てはいけない!

アーキテクチャーを気にしないと失敗します アーキテクチャーは設計思想ですが、重要性に気が付いていない人が多いと感じています。 システムリニューアルする理由には、メンテナンス性が悪く何をするにもコストが高い。何かすると不具合が発生する...
連載

【連載】店舗へのヒアリング

店舗へのヒアリング 山田たちは、旗艦店に出向きヒアリングすることにした。 店舗担当者からは、 店舗の営業成績がわからない。 売れ筋を感覚で管理している。 いまのシステムには、欲しい機能が追加されないので、東京店は独自で管理...
連載

【連載】ヒアリング失敗!理由は理解したつもり

設計失敗ヒアリングをまとめて、要件定義書を作成してレビューをしたところ、指摘のサンドバック状態になってしまった。 指摘で多かったことは、利用する業務部門から「これでは業務がまわらない」と言われてしまった。 AS IS, To BE を作...
連載

【連載】進捗報告

気になることはそのままにしない ベンダーは、オンスケジュールの報告をしたがる。遅れていても、都合の良い過大解釈をして、オンスケジュールとして報告する。 報告を受ける側からすれば、安心するが、よくみて見ると、辻褄が合わないところがある場合...
連載

【連載】設計書レビュー

いままでのヒアリング結果を要件定義書としてまとめ、レビューすることになった。いつも、ベンダー視点のベンダーしかわからない表現で記載されていることが多く、しかし情報システム用語も多い傾向がある。D社小林から、要件定義書レビューについて、事前レ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました