CIOが教える!IT投資の見直し方

スポンサーリンク

思ったより効果が低い

効果的な情報システム投資をしたいと困っている場合は「システム投資をしたが効果がない」「期待してものと違う」といった状況であると思います。背景には、情報システム部門の強化が必要不可欠であることは理解するも、何人も社員として置いておけない。少人数の精鋭部隊としたが、優秀な人財が集まらない。といった状況があると思います。この課題を解決する方法です。

問題点の本質を考える

この課題を解決するには、情報システム部門を外部委託することです。つまり必要な時に必要な分だけ情報システム部が登場してもらうことです。これにより、固定費ではなく変動費にすることができます。

IT業界の都合主義

しかしながら、外部委託が、うまくいかない事情があります。それは、IT 業界は「自分たちの価値を労働時間」と勘違いをしており、エンジニアの稼働時間が売上・利益になることです。IT企業からすれば、都合のよい時に優秀なエンジニアを取られることはリスクでしかありません。中小企業との契約優先順位は低いです。もし大手で高い単価で契約をしてもらえたら、当然ながら大手と契約をします。これでは、外部委託にはなりません。

IT業界の都合主義と戦う知識・経験がない

上記のように、IT業界の都合主義に対して、優秀な情報システム部の人財がいないため、戦うすべがありません。結果的に、IT企業の言いなりになってしまうケースがあります。対策としては、IT企業と戦う味方を引き入れることです。

解決方法

まだ、お目にかかったことはありませんが、自社に都合のよいコンサルタントを探すことしかありません。宣伝となりますが、デザイニストラボも選択肢として検討していただけますと幸いです。

コメント

  1. […] ントも1つの選択肢です。ただし、誰でも良いというわけではありません。【経営課題】IT投資の方法を見直したいの記事にある「【3】解決方法」のような、自社のことのように親身にな […]

  2. […] 【経営課題】IT投資の方法を見直したい […]

  3. […] 基本的にはSIerに委託することになるのですが、規模や社内事情によっては委託方法を変えなければなりません。たとえば、情報システム部の強さと利用部門の協力体制です。情報システム部の経験スキルが弱いとSIerと正しく付き合るかリスクがあります。経験値を積むまでコンサルタントに教育を含めて支援するよう依頼(無料相談はこちら)する必要があります。また利用部門にIT投資を情報システム部と一緒に構築することをミッションとしている人財がいないようでしたら、情報システム部が一人頑張っても期待効果は厳しいので、こちらもコンサルタントに潤滑油になってもらう必要があります。ここでのポイントは、IT投資は情報システム部の問題ではなく、会社の問題であり、会社として取り組まなければ成功しないということです。 また、手法も大切です。会社が会社の課題と認識したうえで、将来含めたITを強みとして活用するとなれば、スピードも重要な役割となるため、出来るだけ内製か小回りの利くSIerを選択する必要があります。自社のように親身になるSIerです。(参考)【経営課題】IT投資の方法を見直したい。IT投資の暗黙的にIT経営をすると決めても請負契約していますが、実際に強みとするのであれば、マーケティング販促費のように、IT投資枠として予算化してスピードあるIT経営をしなければ効果を最大化することは難しいでしょう。 そうではなく、単発でもよいと判断となれば、SIerに請負契約で委託することをお薦めします。この方が会社リスクは減るからです。SIerに丸投げできますので助かります。ただ、ROI(投資対効果)は予想を上回ることは稀であると考えた方が良いです。SIerも自社利益優先で、出来ることはやるけど範囲以外は知らない・やらないという悪しき業界習慣があるからです。請負には、SIerの選定や、正しく付き合えるスキルと経験が必要です。間違えると大変なことになりますので、ご注意ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました